投資雑談

『危険な香りのする男性』との結婚による悲惨な末路

投稿日:2018/5/5 更新日:

 

不幸をもたらす結婚相手は、男性にとっては『お金のかかる女性』でした。

女性にとっては不幸をもたらす結婚相手は『危険な香りのする男性』です。多くの女性がそのような男性のために、取り返しのつかない不幸に陥っているのです。

『危険な香りのする男性』

それでは『危険な香りの男性』とは、どんな男性でしょうか。

魅力的な外見で、女性に対して優しく、話が上手で、細かいところにも気が利く。さらに、リスクがってもものおじしすることなく、大胆で自信に満ちあふれている。

このような男性こそが『危険な香りのする男性』なのです。そして、多くの女性がそのような男性の虜になり、白馬の王子様が現れたと考えるのです。そして、豊かさと希望と、華やかさに溢れる別世界に誘ってくれるを心を躍らせるのです。

もちろん、別世界に連れて行ってくれることは間違いありません。しかし、その世界とは裏切り暴力、そして貧困と絶望に覆われた世界なのです。

『危険な香りのする男性』の実例

実際の実例を2件ほど挙げてみましょう。

弁護士の男性

A子がよく飲みにいくバーでお酒を飲んでいると、隣に男性が座りました。その男性は、魅力的な紳士の外見で、隣に座られた瞬間ときめきを感じるような男性だったのです。バーの店長が気を利かせて取り持ってくれたことから、お互いに趣味の話をして、意気投合することになりました。しかも、海外企業との交渉を行う弁護士だったのです。

それからA子は連絡先を交換して、お付き合いことになりました。男性は、いつのまにか会計は終わらせてるし、常にレディーファーストを忘れないし、A子にとってはほんと嘘みたいに女性の扱いが上手だったのです。

しかし、A子は、付き合ってから1ヶ月ほどしてから「旅費」「海外視察費」と金の無心をされるようになりました。A子は、「どうにかして、助けなきゃ」と思い、結局定期預金を解約して、男性に合計500万円ぐらい援助したのです。

そして、ある日突然、その男性は消えたのでした。

投資会社経営の男性

B子は知りあった女性の紹介で「知人の旦那さんにすごい人がいる」と、投資会社経営の男性を紹介されました。

フランス大使館を始め、世界各国の大使館の並ぶ広尾。そこの高級マンションに外資系金融機関のバイスプレジデントつまり副社長を務めたことのある男性が住んでいました。

マンションには高級家具が並ひ、車庫にはフェラーリがあります。外資系金融機関のキャリアを生かして投資会社を運営しているのです。

男性の物腰は柔らかで、自信に満ちていて。紳士そのものでした。多くの顧客を持ち、海外のオフシェア投資の斡旋をしているとのことでした。

B子は、奥さんが知人であったことから、すっかりと信頼していました。

奥さんも自分の資産5000万円を出資してもうすぐ上場予定とのことでした。奥さんと親しい知人にも株主なってもらいたいとのでした。上場にあたって少しでも株主が多い方がいいとのこだったのです。B子はすっかり信じ切って400万円を投資しました。

しかし、3ヶ月後、その奥さんは男性と離婚します。その後会社は、社員の給料遅滞となり、社員は全員が退職します。

高級マンションの家賃や、フェラーリは社債からまかなわれていたのでした。会社はほとんど利益がなく、社債により自転車操業だったのです。

離婚した知人の奥さんは男性の会社に5000万円を投資していたものの、その資金は返ることはありませんでした。B子の400万円も同様でした。

外資金融でのバイスプレジデントは直訳すれば副社長となります。しかし、実際の地位はよくて部長であり、ほとんどは次部長クラスなのです。

その男性も、たしかに外資金融でバイスプレジデントの経歴は事実でした。それは、外資金融が日本に進出した初期の人員が手薄のときに、国内の証券会社から転職したのでした。そして、極めて高い営業能力から、短期間で営業次部長に就任したのです。しかし、守りもしない口約束を繰り返し顧客とのトラブルが絶えないために、自主退職に追い込まれたのでした。

『危険な香りのする男性』の正体

言葉が巧みで、気が利き、リスクの物怖じせず大胆。自信に満ちあふれていて頼りがいがある。かつて感じたときめきを呼び覚ましてくれた男性だったのに、何が違っていたのだろう。そのような経験をした女性は、考えてしまうのです。

このような男性について精神医学で分類されています。

その診断名は『サイコパス』。

診断基準

精神医学からの『サイコパス』の診断基準を参考にあげてみます。カナダの犯罪心理学者ロバート・D・ヘアによって作成された世界でもっともリファレンスされている基準です。

1.口達者/表面的な魅力
2.誇大的な自己価値
3.観刺激を求める/退屈しやすい
4.病的な虚言
5.偽り騙す傾向/操作的(人を操る)
6.良心の呵責・罪悪感の欠如
7.浅薄な感情
8.冷淡で共感性の欠如
9.寄生的生活様式
10.行動のコントロールができない
11.放逸な性行動
12.幼少期の問題行動
13.現実的・長期的な目標の欠如
14.衝動的
15.無責任
16.自分の行動に対して責任が取れない
17.数多くの婚姻関係
18.少年非行
19.仮釈放の取消
20.多種多様な犯罪歴

『サイコパスチェックリスト(改訂版)』

サイコパスの特徴

多すぎてわからないと思います。主要な項目を抽出してみます。

1.口達者/表面的な魅力
2.病的な虚言
3.現実的・長期的な目標の欠如
4.偽り騙す傾向/操作的(人を操る)
5.良心の呵責・罪悪感の欠如

では、1つ1つを説明していきましょう。

口達者/表面的な魅力

サイコパスは極めて高いプレゼンテーション能力を持つとともに、ナルシストのために魅力的な外観を持っていることが少なくありません。その上で、不安や恐怖に対する恐れが非常に少ないことから、異性に対して歯の浮くような言葉を平気で発していきます。

病的な虚言

世辞以外にも、嘘をつくことにもばれたらどうしようと言う不安感がないために病的な虚言癖があるのです。そのときに、人を騙したり利用したりする道具として経歴や肩書を使います。

さらに相手の感情を読むことに非常にたけています。そのために、当初あった人は非常に気がきく人と思ってしまうのです。

また、恐怖や不安がないために、通常の人であれば尻込みするような事柄も平気で挑戦していきます。そのような大胆な行動力は、当初はたいへん魅力的に写るのです。

そのようなことから多くの女性が虜になっていくのです。

現実的・長期的な目標の欠如

しかし、サイコパスは、現実からかけ離れた世界で生きています。その結果、現実と自分の置かれている状況をうまく組み立てることができません。つまり、目先のことしか考えることができず、長期的に物事を考えることができないのです。そのために、社会で実績を上げることができません。

良心の呵責・罪悪感の欠如

サイコパスは、他人の苦しみには一切共感しないでいることができます。つまり相手の苦しみに関する共感性が異常に低いのです。その結果、相手が苦しむことを全く平気で良心の痛みなく行うことができるのです。

偽り騙す傾向/操作的(人を操る)

さらに、サイコパスは相手を読み取る能力が極めて高いのです。

サイコパスは相手の目つきや表情からその人の置かれている状況を読み取ることができます。つまり他人がどのような状況に陥っているかを正確に判断できるのです。

そのために、サイコパスは人の弱みつけ込んでコントロールし、相手を利用することになるのです。

寄生的生活となるサイコパス

長期展望に立つ能力があれば、相手をコントロールする能力は人心掌握能力となり、世の中に大きな影響を与える仕事ができるかもしれません。しかし、サイコパスは長期的にものごとを成し遂げることができません。

その結果、他人に寄生するしか手段がないのです。家族や恋人に依存し、金銭や生活の糧を得ようとします。家族や恋人を、精神的な拠り所ではなく、利用価値があるかないかで相手を判断するのです。利用価値がないとわかったら、家族だろうが恋人であろうが、いとも簡単に切り捨ててしまいます。

そのように他人を犠牲にて、目先の利益を得ようとするために、結婚詐欺師やあるいは、金融機関で詐欺的商品を売るようになっていくのです。

金融機関の営業マンが会社を経営するようなこともあります。しかしながら、もともと地道な労務管理や財務管理をすることができません。長期的展望を持って、事業を拡大することができないのです。その結果、事業は先細りになり資金ぶりが悪化していきます。そのために、他人から社債や出資を引き出して、その資金で繁盛しているように見せかけていきます。会社の将来があるようにだまして、女性の資産をあてにするのです。

貴女にできること

『危険な香りのする男性』の最初の印象をあげてみましょう。

「外見や語りが過剰に魅力的で、ナルシスティック」
「恐怖や不安、緊張を感じにくく、大舞台でも堂々として見える」
「多くの人が倫理的な理由でためらいを感じたり危険に思ってやらなかったりすることも平然と行うため、挑戦的で勇気があるように見える」
「お世辞がうまい人」
「社交的でトークやプレゼンテーションが抜群に面白い」
「あまりにも華麗すぎるような経歴」

『サイコパス』中野信子著

どうして、そのような男性が貴方の前に突然現れるのでしょうか。そのような場合には、相手は、「サイコパス」の可能性が高いと考えて慎重になるべきでしょう。

もしもサイコパスと結婚してしまうなら、投資で資金を増やすどころではありません。資産はおろか人生まで喪失することになるのです。

応援クリックして頂けると励みになります

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

-投資雑談

Copyright© バリュー投資家『鎌倉見物』の米国株投資 , 2018 All Rights Reserved.