「投資雑談」 一覧

バイオ薬が特許切れに強い理由 その1【特許切れでも2桁増のアッヴィ(ABBV)『ヒュミラ』】

2018/05/09   -投資雑談, 銘柄紹介

製薬会社にとって、特許に守られた高額の医薬品は、莫大な利益の源泉にほかなりません。しかし、その特許が切れるなら、価格の安いジェネリックの後発医薬品にとってかわられ、その利益の源泉を失うことになります。 ...

『危険な香りのする男性』との結婚による悲惨な末路

2018/05/05   -投資雑談

  不幸をもたらす結婚相手は、男性にとっては『お金のかかる女性』でした。 女性にとっては不幸をもたらす結婚相手は『危険な香りのする男性』です。多くの女性がそのような男性のために、取り返しのつ ...

投資家がバンガード社を選択する理由【インデックスファンド普及の困難な道のり】

バリュー投資であろうとグロース投資であろうと、自分自身に合った投資スタイルを見つけることが重要です。しかし、いかなる投資スタイルであっても半分はインデックスファンドに投資をすべきです。インデックスファ ...

iPhone完成前にその真価を理解していた天才グロース投資家

Apple社を「世界で最も成功を収めたテクノロジー企業」のトップ企業へと押し上げたiPhone。その輝かしい実績から、当時iPhoneがAppleにとって危険な賭けだったことをつい忘れてしまいます。 ...

20年間のハイテク企業の栄枯盛衰【ハイテク企業に投資するには】

  現在、第四次産業革命とも言われています。人口知能、ブロックチェーン等の新たなIT技術は、世の中を劇的に変えることはもはや疑いがありません。 巨大IT企業 第四次産業革命での覇権を握るため ...

【コーヒー・ブレイク】予定していたフィリップモリス原稿頓挫とデューク物語作成について

今回、タバコ王デュークの記事(その1とその2)の後にフィリップモリス沿革を書く予定でした。しかし土曜日ギリギリまで原稿仕上げようとするも結局できあがりが不十分で頓挫することになりました。 そのために土 ...

【アメリカタバコ帝国の崩壊】タバコ王デュークの栄光と挫折 その2

2018/04/11   -投資雑談, 銘柄紹介

前回の『タバコ王デュークの栄光と挫折 その1』の内容を簡単に振り返ってみましょう。 デュークは短期間でアメリカのタバコ市場を支配し、タバコ王との異名をとることとなりました。その後もイギリスのタバコ業界 ...

【フィリップモリスがまだ弱小企業だった時】タバコ王デュークの栄光と挫折 その1

2018/04/07   -投資雑談, 銘柄紹介

シーゲル博士によるバリュー投資の研究によって、タバコ企業が高いリターンをもたらしていることが明らかにされています。そのタバコ企業の中でも、アメリカのフィリップモリス社とイギリスのブリティッシュアメリカ ...

『お金のかかる女性』との結婚による不幸な結末

2018/03/10   -投資雑談

「幸福な家庭はどれも似たものだが、不幸な家庭はいずれもそれぞれに不幸なものである」これは文豪トルストイ『アンナ・カレーニア』の有名な冒頭です。 「結婚相手によってもたらされる投資家の幸福はどれも似たも ...

株式投資の必要性『少子化と財政赤字』

今後、株式投資は必要不可欠な資産運用になっていくことは間違いありません。そのために、政府も『貯蓄から投資へ』とのスローガンを掲げて投資を推進してるのです。さらに投資環境を整えるために、iDeCo(イデ ...

Copyright© バリュー投資家『鎌倉見物』の米国株投資 , 2018 All Rights Reserved.