「投資雑談」 一覧

ハイテク株式市場の死角 その2【1929年の割高でないPERと、バブルとしたいゴールドマン・サックス】

前回、1929年の『暗黒の木曜日』という歴史的な株式市場崩壊に至るまでの経過を記事にしました。 『暗黒の木曜日』前の株式市場については空前のバブルと思われているかもしれません。しかし、暴落直前のPER ...

ハイテク株式市場の死角 その1【良好なファンダメンタルズとPER15のバリュエーションで崩壊した株式市場】

最近の株式市場は、ハイテク企業が支配していると言っても過言ではありません。 人工知能や、ブロックチェーン、量子コンピュータ等の新しい技術を開発するハイテク企業は、これからも世界経済を牽引していくことは ...

子供のいない人生も悪くない【投資家の視点からみた『子供』】

2018/05/23   -投資雑談

最近、子供を持たない世帯が増えています。 私自身も、共働きで子供をつくらないこと決めています。 私たちと同じような決断した家庭も決して少なくないでしょう。また、不妊治療が成功せず、子供に恵まれなかった ...

ベンチャーキャピタリストによるNBA革命【弱小チームを史上最強チームに変貌させた手腕】

  今回は優れたベンチャーキャピタリストの手腕をみてみましょう。 ベンチャーキャピタリストの手法はもっともグロース投資に偏った手法です。 私自身の手法であるバリュー投資とインデックス投資とは ...

バイオ薬が特許切れに強い理由 その2【バイオシミラーを使えない現在の医療】

2018/05/12   -投資雑談, 銘柄紹介

アッヴィ(ABBV)の主力バイオ薬『ヒュミラ』は、2016年に特許が失効したにもかかわらず、2017年、2018年と2桁にもわたる売上の上昇を認めています。 かつてファイザー(PFE)のブロックバスタ ...

バイオ薬が特許切れに強い理由 その1【特許切れでも2桁増のアッヴィ(ABBV)『ヒュミラ』】

2018/05/09   -投資雑談, 銘柄紹介

製薬会社にとって、特許に守られた高額の医薬品は、莫大な利益の源泉にほかなりません。しかし、その特許が切れるなら、価格の安いジェネリックの後発医薬品にとってかわられ、その利益の源泉を失うことになります。 ...

『危険な香りのする男性』との結婚による悲惨な末路

2018/05/05   -投資雑談

  不幸をもたらす結婚相手は、男性にとっては『お金のかかる女性』でした。 女性にとっては不幸をもたらす結婚相手は『危険な香りのする男性』です。多くの女性がそのような男性のために、取り返しのつ ...

投資家がバンガード社を選択する理由【インデックスファンド普及の困難な道のり】

バリュー投資であろうとグロース投資であろうと、自分自身に合った投資スタイルを見つけることが重要です。しかし、いかなる投資スタイルであっても半分はインデックスファンドに投資をすべきです。インデックスファ ...

iPhone完成前にその真価を理解していた天才グロース投資家

Apple社を「世界で最も成功を収めたテクノロジー企業」のトップ企業へと押し上げたiPhone。その輝かしい実績から、当時iPhoneがAppleにとって危険な賭けだったことをつい忘れてしまいます。 ...

20年間のハイテク企業の栄枯盛衰【ハイテク企業に投資するには】

  現在、第四次産業革命とも言われています。人口知能、ブロックチェーン等の新たなIT技術は、世の中を劇的に変えることはもはや疑いがありません。 巨大IT企業 第四次産業革命での覇権を握るため ...

Copyright© バリュー投資家『鎌倉見物』の米国株投資 , 2018 All Rights Reserved.