「投資理論・哲学」 一覧

バフェットの推奨するS&P 500よりも『VTI』を推奨する理由

インデックス投資を行う場合にはどのようなファンドを選べばいいでしょうか。最近では、インデックスファンドへの投資はETFが主流です。そのなかで、もっとも推奨できるETFは、バンガード社の『VTI』です。 ...

ベンチャーキャピタリストによるNBA革命【弱小チームを史上最強チームに変貌させた手腕】

  今回は優れたベンチャーキャピタリストの手腕をみてみましょう。 ベンチャーキャピタリストの手法はもっともグロース投資に偏った手法です。 私自身の手法であるバリュー投資とインデックス投資とは ...

投資家がバンガード社を選択する理由【インデックスファンド普及の困難な道のり】

バリュー投資であろうとグロース投資であろうと、自分自身に合った投資スタイルを見つけることが重要です。しかし、いかなる投資スタイルであっても半分はインデックスファンドに投資をすべきです。インデックスファ ...

iPhone完成前にその真価を理解していた天才グロース投資家

Apple社を「世界で最も成功を収めたテクノロジー企業」のトップ企業へと押し上げたiPhone。その輝かしい実績から、当時iPhoneがAppleにとって危険な賭けだったことをつい忘れてしまいます。 ...

20年間のハイテク企業の栄枯盛衰【ハイテク企業に投資するには】

  現在、第四次産業革命とも言われています。人口知能、ブロックチェーン等の新たなIT技術は、世の中を劇的に変えることはもはや疑いがありません。 巨大IT企業 第四次産業革命での覇権を握るため ...

なぜ金融のプロは猿に負けるのか『インデックス投資の勧め』

2018/03/17   -投資理論・哲学

前回の投稿で、ほとんどの金融エリートの運用するアクティブ運用が、インデックス運用に勝つことができないことを説明しました。それでは、なぜアクティブ運用は、小学生でも事務的に組めるようなインデックス運用に ...

猿のダーツに勝てないエリート『金融業界にとって不都合なインデックス投資の真実』

2018/03/14   -投資理論・哲学

投資の中心となるのは、インデックス運用です。そのインデックス運用とは、平均点をとっていく運用方法でした。その平均点とは市場平均を意味します。 市場平均 まず、市場平均の代表である日経平均とダウ平均につ ...

『文明発祥からの時に裏打ちされた黄金銘柄』シーゲル博士によるバリュー投資研究

2018/03/06   -投資理論・哲学

個人投資家は最も脆弱な投資家です。そのために、安全に安全を重ねて投資をしていくことが大切です。その安全性を重視する投資方法の1つがバリュー投資でした。その中でも永続性のある企業に投資することがもっとも ...

バフェットも推奨する『インデックス投資』

2018/02/27   -投資理論・哲学

株式市場に半永久的に居続けることで、複利という大きな利益を得ることができます。そのためには、少しでもリスクの少ない投資対象を選択することが必要です。その1つが以前説明した『バリュー投資』でした。さらに ...

バフェットを大富豪に導いた『バリュー投資』

2018/02/24   -投資理論・哲学

  長期投資のメリットである複利を享受するにはマーケットに居続けることが必要です。マーケットに居続けるためにはリスクが少なく永続的の保有できる投資先を選択することが不可欠になってきます。 バ ...

Copyright© バリュー投資家『鎌倉見物』の米国株投資 , 2018 All Rights Reserved.