「 の記事 」 一覧

【コーヒー・ブレイク】予定していたフィリップモリス原稿頓挫とデューク物語作成について

今回、タバコ王デュークの記事(その1とその2)の後にフィリップモリス沿革を書く予定でした。しかし土曜日ギリギリまで原稿仕上げようとするも結局できあがりが不十分で頓挫することになりました。 そのために土 ...

【アメリカタバコ帝国の崩壊】タバコ王デュークの栄光と挫折 その2

2018/04/11   -投資雑談, 銘柄紹介

前回の『タバコ王デュークの栄光と挫折 その1』の内容を簡単に振り返ってみましょう。 デュークは短期間でアメリカのタバコ市場を支配し、タバコ王との異名をとることとなりました。その後もイギリスのタバコ業界 ...

【フィリップモリスがまだ弱小企業だった時】タバコ王デュークの栄光と挫折 その1

2018/04/07   -投資雑談, 銘柄紹介

シーゲル博士によるバリュー投資の研究によって、タバコ企業が高いリターンをもたらしていることが明らかにされています。そのタバコ企業の中でも、アメリカのフィリップモリス社とイギリスのブリティッシュアメリカ ...

かつてIT企業を育て、これから巨大IT企業と対峙するアメリカ判例法

2018/04/04   -社会制度

前回は日本の法制度について説明しました。今回はアメリカの法制度について説明していきます。 日本の法制度は、何が正しいか最初から決めることから始まりました。 一方、アメリカの法制度では最初から何が正しい ...

28歳で老女としか見えない農民女性の困窮から誕生した市民法

2018/03/31   -社会制度

  海外口座の税金について3回にわたり説明しました(その1 その2 その3)。そこでアメリカ法には、法の適正な手続きこそが適正な結果を導くという思想背景あり、適正な手続きが何よりも優先される ...

『譲渡損失の特例控除が使えない』海外口座の税金 その3

2018/03/28   -社会制度, 税金

前々回、米国での上場株であっても海外口座で購入した場合は、非上場株(未公開株)として扱われることを説明しました。 前回は、非上場株(未公開株)として扱われることで、配当課税について分離課税を選択できず ...

『配当は総合課税のみ』海外口座の税金 その2

2018/03/24   -社会制度, 税金

  前回、米国の上場株であっても海外口座で購入した場合は、税制上非上場株(未公開株)として扱われることを説明しました。その法律上の根拠は『金融商品取引法』でした。 今回と次回で、より具体的な ...

『上場株も未公開株の扱い』海外口座の税金 その1

2018/03/21   -社会制度, 税金

  米国株に投資をする場合には、SBI証券、楽天証券、マネックス証券の3つのうち気に入ったネット証券口座を開くことをお勧めします。 もちろん、中には海外口座で取引をされる投資家の方もおられま ...

なぜ金融のプロは猿に負けるのか『インデックス投資の勧め』

2018/03/17   -投資理論・哲学

前回の投稿で、ほとんどの金融エリートの運用するアクティブ運用が、インデックス運用に勝つことができないことを説明しました。それでは、なぜアクティブ運用は、小学生でも事務的に組めるようなインデックス運用に ...

猿のダーツに勝てないエリート『金融業界にとって不都合なインデックス投資の真実』

2018/03/14   -投資理論・哲学

投資の中心となるのは、インデックス運用です。そのインデックス運用とは、平均点をとっていく運用方法でした。その平均点とは市場平均を意味します。 市場平均 まず、市場平均の代表である日経平均とダウ平均につ ...

Copyright© バリュー投資家『鎌倉見物』の米国株投資 , 2018 All Rights Reserved.