「 の記事 」 一覧

シーゲル博士による第2位黄金銘柄【世界的ヘルスケア企業アボットラボラトリー(ABT)】

2018/07/14   -銘柄紹介

一般には、日本人のとってアボットラボラトリー(ABT)という企業名にはなじみがないかもしれません。しかし、多くの米国株の投資家にとっては、なじみなる企業であることは疑いありません。 今回ABTを紹介し ...

【世界経済の破綻を引き起こすアメリカファースト】ハイテク株式市場の死角 その4

いままで『ハイテク株式市場の死角』の連載で今後の株式市場のリスクを検討するために1929年の大暴落を振り返っていました。 その連載で前回の『ハイテク株式市場の死角 その3』では、1929年の大暴落後の ...

【伝言板】仕事の関係でしばらくブログの更新頻度を減らします

2018/07/03   -伝言板

  最近、ようやく読者も増えてきて、嬉しい限りでした。 しかし、しばらくブログの更新頻度を減らさざるえなくなりました。 今までのブログの方針 多くのブロガーの方が毎日の更新であるにもかかわら ...

ドラックストアの巨人 ウォルグリーン・ブーツ・アライアンス(WBA)【Amazonの脅威にさらされる新ダウの盟主】

2018/07/01   -銘柄紹介

  アメリカの薬局業界は2社に支配されています。今回はその1社Walgreens Boots Alliance(WBA)を紹介していきます。 WBAは今年新たにダウ平均構成銘柄30種の1つに ...

【バブル崩壊よりも悲惨な業績の裏付けのある株価暴落後の世界】ハイテク株式市場の死角 その3

  投資が過熱し、適正な価値を大きく上回り投機の対象となる状態をバブルと評します。そのようなバブルはいずれ破裂することは歴史が証明しています。 バブルの崩壊が悲惨であることは言うまでもありま ...

苦境にあえぐバフェット銘柄【世界第5位の食品企業クラフトハインツ(KHC)への投資について 】

2018/06/24   -銘柄紹介

現在、生活必需品銘柄の苦境が続いています。 それは偉大な投資家バフェットの集中投資先クラフトハインツ(KHC)も例外ではありません。 今回、そのグラフトハインツ(KHC)への投資について検討してみまし ...

【1929年の割高でないPERと、バブルとしたいゴールドマン・サックス】ハイテク株式市場の死角 その2

前回、1929年の『暗黒の木曜日』という歴史的な株式市場崩壊に至るまでの経過を記事にしました。 『暗黒の木曜日』前の株式市場については空前のバブルと思われているかもしれません。しかし、暴落直前のPER ...

【世界2大穀物メジャー】アーチャー・ダニエルズ・ミッドランド(ADM)

2018/06/16   -銘柄紹介

  世界の穀物取引において極めて大きな影響力を持つ『穀物メジャー』。世界人口の増加により世食糧需要がさらに拡大することは明らかです。その需要の拡大にともない『穀物メジャー』は、穀物供給網をさ ...

【良好なファンダメンタルズとPER15のバリュエーションで崩壊した株式市場】ハイテク株式市場の死角 その1

最近の株式市場は、ハイテク企業が支配していると言っても過言ではありません。 人工知能や、ブロックチェーン、量子コンピュータ等の新しい技術を開発するハイテク企業は、これからも世界経済を牽引していくことは ...

【Amazon参入への完璧な防御態勢】アメリカ医療卸大手カーディナルヘルス(CAH)

2018/06/09   -銘柄紹介

今回は、Cardinal Health(CAH)への投資について検討をしていきます。 まず、CAHは日本人にとってなじみの薄い企業かもしれません。それは、アメリカ国内を中心に、医薬品や医療器具の卸売業 ...

Copyright© バリュー投資家『鎌倉見物』の米国株投資 , 2018 All Rights Reserved.